ホーム パソコンHELP エコロジー 豆知識 Billiards My Bike 中古製品売買 ホームページ作成代行 レンタルサーバー Link

≫ 9ボールの説明
≫ 8ボールの説明
≫ 14−1ラックの説明
≫ ローテーションの説明
≫ ビリヤード用語集

  homeビリヤード 印刷用ページ     
14−1ラックの説明


勝敗は、対戦のはじめに設定したポイントスコアを先制することで決まります。 ルールはさまざまですが、バーチャルプールでは的球をミスなくポケットに落とせば1ポイント獲得できます。更にコールしてからポケットに落とせば更に1ポイント追加されます。 順番は、打っている方がミスするか、ファウルになるか、ゲームに勝利するまで続きます。ブレーク時のミスはマイナス2ポイントになります。 ブレーク後のミスはマイナス1ポイントです。連続して3回ファウルすると、さらにマイナス15ポイントとなります。 ファウルになると交代となり、ヘッドラインの手前の任意の場所に手球を置くことができます。手球と的球2つがレールに当たらなければなりません。 プレイヤーは的球とポケットの位置をコールしておく必要がありますが、それ以外は自由にどのようにショットしても構いません。 最初は15個のボールが並べられます。最後に1つだけボールが残ったら、他の14個のボールを並べます。 この場合、15番目のボールから離して他の14個のボールを配置する必要があります。15番目のボールが他の14個のボールを配置する邪魔になっている場合には、これをフットスポットに配置します。手球が邪魔になっている場合には順番が交代となります。


★1ターン続けられない初心者向け

・まず簡単に落とせそうなボールを探して確実に沈めます。
・必要になるまでは、短めのショットで、あまり場を乱さないようにします。
・ミスしそうになっても大丈夫、あなたの相手もそれほど続けられないはずです。  (相手を見くびっていなければ)


★1ターンで終わらせる自信のあるプレイヤー向け

・できるだけ早くテーブル上の球を沈めてください。
・ライン上にない場合には、別の的球を残しておくようにします。
・集まってしまった的球を自然に散らせるようなラインを探しましょう。
・手球を力任せに打って、的になるボールを散らす必要はありません。
・必要でなければ、あまりボール同士をぶつけないようにしないと、固まってしまいます。
・うまく行きそうになければ、セフティショット(得点するつもりのないまま、相手に交代した時に手球の配置が悪くなるように打つ)で済ませることです。




☆ アンケートにご協力ください ☆
出来具合:    一言:    
Profile   I   更新履歴   I   ご意見・ご感想   I   サイトマップ   I   検索   I   当サイトへのリンク
このページは Internet Explorer4.0以上でJavaScriptに対応した環境で見てくださいね。
All rights reserved. Copyright koara.