ホーム パソコンHELP エコロジー 豆知識 Billiards My Bike 中古製品売買 ホームページ作成代行 レンタルサーバー Link

≫ 9ボールの説明
≫ 8ボールの説明
≫ 14−1ラックの説明
≫ ローテーションの説明
≫ ビリヤード用語集

  homeビリヤード 印刷用ページ     
ビリヤード用語集


用     語 解                   説
イニング ゲームでのプレイヤー1人の順番(ターン)のこと。ミスショットをしたり、ファウルをすることで交代もしくはゲーム終了となります。
エイトボール ボール15個を使い、1人がローナンバー(1〜7)もう1人がハイナンバー(9〜15)ボールを落としていき、最後に8番ボールを落とした方が勝ちとなるゲーム。
エース ナインボールの場合ブレイクで9番が落ちること。
エンドレール テーブルの前後の短辺クッションのいずれか。
押し球(フォローショット) 手球の中央より上の部分を憧くこと。
キスショット 2つの接した的球に角度をつけて手球をぶつけることで、的球と接した球を結ぶ線の垂線方向にあるポケットに的球を落とすこと。
キャロムゲーム ポケットビリヤードでない三つ球・四つ球などの競技。
キャロムショット 手球を第1的球に当てた後に、次の第2的球に当ててポケットに落とすショット。キャノンショットともいう。
キュー(キュースティック) 手球を憧くための棒。通常140cm前後。
キュータップ キューの先端部分で、皮でできておりここで手球を憧く。
コール ポケットに落とそうとしているボールをショットの事前に宣言すること。
コンビネーションショット 的球を他の的球に当て、最後に当たった的球をポケットに沈めるショット。
サイドレール テーブル側面のレール(クッション)。
スクラッチ 手球をポケットに落としてしまうこと。
スポットする・スポッティング ファウルやスクラッチなどの結果、ボールをフットスポットに配置すること。
スロップ 偶然ポケットに落ちたボール。
ダイアモンド 狙いを定めるためのテーブル周辺枠上のマーカー。テーブルの長辺を8等分、短辺を4等分する位置にマーカーかポケットが存在する。
撞き手の交代 手球を打つ権利者(撞き手)は、スクラッチしたり、ボールをテーブル外に出したりして突き手の交代になると、手球はテーブル上の任意の位置、ゲームや状況にもよっては、ヘッドラインより手前の任意の位置に置くことができる。
手球 キューによって自分が憧くことのできる白いボール。キューボール。
ナインボール 小さい番号から順に落としていき9番ボールを落とした方が勝ちとなるゲーム 。9番ボールは、いつ落としてもよい。
ハウスルール 多くのビリヤード場やプールバーでは、それぞれがゲームに関して独自の決め事を持っています。例えば、テーブルのラシャを傷つけないように多くの店ではマッセが禁止されていたり、くわえタバコをしない、などのルールがあります。
バンクショット クッションに1回以上当ててからポケットに入れるショット 。
引き球(ドローショット) 手球の中央より下部分を憧くこと。
ヒネリ(イングリッシュ) 手球の中央より左右にずれた位置を憧くことでボールにスピンをかけること。
ファウル 競技の一般あるいはローカルルールに従わなかったと判定されること。負け・交代・減点などの罰則は各ゲームにより異なる。
フット(エンド) テーブルの的球を配置する側の端。
フットスポット テーブルのフットから2つ目のダイヤマークの位置を結ぶ線の中央点。的球はここにスポット/ラックされる。
フットライン テーブルのフット側から2つ目のダイヤマークの位置を結ぶ線。
ブレークショット 先攻の最初のショットのこと。これによりラックされたボールを散らしてゲームが開始される。
フローズン ボールがクッションや他のボールと接触して止まっている状態。
ヘッド(エンド) テーブルのブレーク時に手球をセットする側の端。
ヘッドライン テーブルのヘッド側から2つ目のダイヤマークの位置を結ぶ線。ブレーク時にはこの線より手前に手球を置かねばならない。
ポケットする ポケットにボールをミスなく落とすこと。
ポジショニング 的球を落とし、同時に手球を次の的球を落とすのに好位置につけること。
マッセショット キューのグリップの方を持ち上げて角度をつけ、撞点をずらしてひねりを加えるショット。
的球 手球で当てる対象となる手球以外のボール 。
ミスコール 他のプレイヤーの順番を間違えてショットしてしまうこと。
ラック・ラックする ゲーム開始時に球を(決められた順番に)セットすること。
ランアウト 相手に打たせることなく、テーブル上のすべての的球をポケットに落とすこと。
ランする 連続してポケットに落としてターンを継続すること。
レース 先に特定回数のゲームをとった方が勝者となるマッチゲーム。
レール クッション。ボールが反射するように盛り上げられたテーブルの壁。
ローテーション 数字の小さい順番にボールを沈めていく競技で、ボール上の数字がそのまま得点となる。
14−1ゲーム
(ストレートプール)
的球が1つ1ポイントとして計算し、順番に関係なく落としていき、最初に設定したポイント数を先制するまで続けられる競技。


☆ アンケートにご協力ください ☆
出来具合:    一言:    
Profile   I   更新履歴   I   ご意見・ご感想   I   サイトマップ   I   検索   I   当サイトへのリンク
このページは Internet Explorer4.0以上でJavaScriptに対応した環境で見てくださいね。
All rights reserved. Copyright koara.