ホーム パソコンHELP エコロジー 豆知識 Billiards My Bike 中古製品売買 ホームページ作成代行 レンタルサーバー Link

≫ Windows
≫ Excel
≫ 1.財務関数
≫ 2.日付/時刻関数
≫ 3.数学/三角関数
≫ 4.統計関数
≫ 5.検索/行列関数
≫ 6.データベース関数
≫ 7.文字列操作関数
≫ 8.論理関数
≫ 9.情報関数
≫ 全関数一覧
≫ Outlook Express
≫ インターネット
≫ ホームページ作成
≫ 自作パソコンの作り方
≫ オンラインソフト
≫ UNIX

  homeパソコンHELPExcel 印刷用ページ     
統計関数


リンクがるものは詳細説明があります。
4-01 AVEDEV データ全体の平均値に対するそれぞれのデータの絶対偏差の平均を求めます。
4-02 AVERAGE 引数の平均値を求めます。
4-03 AVERAGEA 引数リストに含まれる値の平均値を計算します。
4-04 BETADIST 累積β確率密度関数を求めます。
4-05 BETAINV 累積β確率密度関数の逆関数を求めます。
4-06 BINOMDIST 個別項の二項分布の確率を求めます。
4-07 CHIDIST 片側カイ2乗分布の確率を求めます。
4-08 CHIINV カイ2乗分布の逆関数を求めます。
4-09 CHITEST カイ2乗検定を行います。
4-10 CONFIDENCE 母集団に対する信頼区間を求めます。
4-11 CORREL 2つの配列データの相関係数を求めます。
4-12 COUNT 引数リストの各項目に含まれる数値の個数の合計を求めます。
4-13 COUNTA 引数リストの各項目に含まれるデータの個数の合計を求めます。
4-14 COUNTBLANK
4-15 COUNTIF 指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を求めます。
4-16 COVAR 共分散を求めます。
4-17 CRITBINOM 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を求めます。
4-18 DEVSQ 標本の平均値に対する各データの偏差の平方和を求めます。
4-19 EXPONDIST 指数分布関数を求めます。
4-20 FDIST F確率分布を求めます。
4-21 FINV F確率分布の逆関数を求めます。
4-22 FISHER xの値に対するフィッシャー変換を求めます。
4-23 FISHERINV フィッシャー変換の逆関数を求めます。
4-24 FORECAST 既知の値を使用し、将来の値を予測します。
4-25 FREQUENCY 範囲内でのデータの頻度分布を、縦方向の数値の配列として求めます。
4-26 FTSET F検定の結果を求めます。
4-27 GAMMADIST ガンマ分布関数の値を求めます。
4-28 GAMMAINV ガンマ累積分布関数の逆関数の値を求めます。
4-29 GAMMALN ガンマ関数G(x)の値の自然対数を求めます。
4-30 GEOMEAN 正の数からなる配列またはセル範囲のデータの相乗平均を求めます。
4-31 GROWTH 既にわかっているデータを使用して指数曲線を予測し、指定された既知のyと既知のxのデータを使用して新しいxの配列に対するyの値を計算します。
4-32 HARMEAN 1組の数値の調和平均を求めます。
4-33 HYPGEOMDIST 超幾何分布関数の値を求めます。
4-34 INTERCEPT 既知のxと既知のyを通過する線形回帰直線の切片を計算します。
4-35 KURT 引数として指定したデータの尖度を求めます。
4-36 LARGE 1組のデータの中で順位番目に大きなデータを求めます。
4-37 LINEST 最小二乗法を使って、指定したデータに最もよく当てはまる直線を算出し、この直線を記述する係数とy切片との配列を求めます。
4-38 LOGEST 回帰分析において、指定されたデータに最もよく当てはまる指数曲線を算出し、この曲線を表す係数の配列の値を求めます。
4-39 LOGINV xの対数正規型の累積分布関数の逆関数を求めます。
4-40 LOGNORMDIST 対数正規累積分布関数の値を求めます。
4-41 MAX 引数リストに含まれる最大の数値を求めます。
4-42 MAXA 引数リストに含まれる最大の数値を求めます。
4-43 MEDIAN 引数リストに含まれる数値の中央値(メジアン)を求めます。
4-44 MIN 引数リストに含まれる最小の数値を求めます。
4-45 MINA 引数リストに含まれる最小の数値を求めます。
4-46 MODE 配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最頻値(最も頻繁に出現する値)を求めます。
4-47 NEGBINOMDIST 負の二項分布を求めます。
4-48 NORMDIST 指定した平均と標準偏差に対する正規分布関数の値を求めます。
4-49 NORMINV 指定した平均と標準偏差に対する正規累積分布関数の逆関数の値を求めます。
4-50 NORMSDIST 標準正規累積分布関数の値を求めます。
4-51 NORSINV 標準正規累積分布関数の逆関数の値を求めます。
4-52 PEARSON ピアソンの積率相関係数rの値を求めます。
4-53 PERCENTILE 配列のデータの中で、百分率で率に位置する値を求めます。
4-54 PERCENTRANK 配列に含まれる値の中で、百分率を使ったxの順位を求めます。
4-55 PERMUT 標本数個から抜き取り数個を選択する場合の順列を求めます。
4-56 POISSON ポアソン確率分布の値を求めます。
4-57 PROB x範囲に含まれる値が下限と上限との間に収まる確率を求めます。
4-58 QUARTILE 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。
4-59 RANK 順序に従って範囲内の数値を並べ替えたとき、数値が何番目に位置するかを求めます。
4-60 RSQ 既知のyと既知のxを通過する回帰直線を対象に、r2の値を求めます。
4-61 SKEW 分布の歪度を求めます。
4-62 SLOPE 既知のyと既知のxのデータから回帰直線の傾きを求めます。
4-63 SMALL 1組のデータの中で順位番目に小さなデータを求めます。
4-64 STANDARDIZE 平均と標準偏差で決定される分布を対象に、標準化変量を求めます。
4-65 STDEV 引数を母集団の標本であると見なして、母集団に対する標準偏差を求めます。
4-66 STDEVA 標本に基づいて標準偏差を計算します。
4-67 STDEVP 引数を母集団全体であると見なして、母集団の標準偏差を求めます。
4-68 STDEVPA 文字列や論理値を含む引数を母集団全体と見なして、標準偏差を計算します。
4-69 STEYX 回帰直線の標準誤差を求めます。
4-70 TDIST スチューデントのt分布の確率を求めます。
4-71 TINV スチューデントのt分布のt値を、確率の関数と自由度で求めます。
4-72 TREND 既知のyと既知のxのデータを直線に当てはめ、その直線上で、指定した新しいxの配列に対するyの値を近似的に計算します。
4-73 TRIMMEAN データ全体の上限と下限から一定の割合のデータを切り落とし、残りの項の平均値を求めます。
4-74 TTEST スチューデントのt分布に従う確率を求めます。
4-75 VAR 引数を母集団の標本であると見なして、母集団に対する分散を求めます。
4-76 VARA 標本に対する分散を計算します。
4-77 VARP 引数を母集団全体であると仮定して、母集団の分散を求めます。
4-78 VARPA 引数を母集団全体と見なして、分散を計算します。
4-79 WEIBULL ワイブル分布の値を求めます。
4-80 ZTEST z検定の両側P値を求めます。


☆ アンケートにご協力ください ☆
出来具合:    一言:    
Profile   I   更新履歴   I   ご意見・ご感想   I   サイトマップ   I   検索   I   当サイトへのリンク
このページは Internet Explorer4.0以上でJavaScriptに対応した環境で見てくださいね。
All rights reserved. Copyright koara.