ホーム パソコンHELP エコロジー 豆知識 Billiards My Bike 中古製品売買 ホームページ作成代行 レンタルサーバー Link
[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]
≫ 自作パソコンの作り方
≫ 1.必要なもの
≫ 2.組み立てる
≫ 3.OSをインストールする

  homeパソコンHELP自作パソコンの作り方 印刷用ページ     
組み立てる


2.組み立てる
1.ケースを開ける。
ケース裏のカバーのとめてあるネジをはずし、カバーを開けます。
ケースによって開け方が異なるので、詳しくはケースの説明書を!!

2.マザーボードを取り付ける。
マザーボードを取り付ける前に、マザーボードにあったものを選び、
ケースに取り付けます。


次に、マザーボードを取り付けます。

ATXマザーボードの場合6つのネジで固定します。

3.ケースのコネクタをマザーボードに接続します。
 ⇒ 
ケースから出ているコネクタを接続します。
取り扱い説明書に差し込む場所が書いてあります。

4.CPUを取り付ける。


それからファンのコネクタを接続します


5.メモリを取り付ける。

上の写真のの溝に合わせてメモリを差し込む。


差し込んだ写真

6.マザーボードに電源を接続する。
 ⇒ 
この時、向きに注意してください。目印はどこかの角が、欠けています。

7.CD−ROM,HDDのジャンパーピンの設定する。

ジャンパーピンは、ピンで差し込んだ部分をショートさせる役目です。
ジャンパーピンの設定は機種によって異なるので、説明書を読んでください。
上の写真では左が、電源、真中が、ジャンパーピンの設定、右が、IDEです。

8.CD−ROM、HDD、FDDを取り付ける。

CD−ROMは、基本的に5インチベイの1番上に、FDDは3.5インチベイの上側に、
HDDは、前面からアクセスできない隠れた3.5インチベイに取り付けます。

9.CD−ROM、HDD、FDDにケーブルを接続する。

ケーブルは、HDDとCD−ROMにはIDEケーブルを使い、
FDDには、FDDケーブルを使用します。
マザーボードのIDE1とHDDを接続します。
マザーボードのIDE2とCD−ROMを接続します。
マザーボードのFDDとFDDを接続します。この時、ケーブルに2つ取り付ける
場所がついているので、先端の方をFDDに接続し、真中は使いません。
くれぐれも接続の向きを間違えないようにしてください。目印は、突起です。
次にCD−ROMの音のケーブルの接続です。
CD−ROMの裏側とサウンドボードをつなぎます。

10.電源ケーブルを接続する。

電源には2種類の大きさがあります。主に小さい方は、FDDで、
それ以外は大きいほうです。



11.VGAボード、サウンドボードを取り付ける。

しっかりと差込み、ネジでとめる。

12.ケースを閉める。

13.マウス、キーボード、モニター、スピーカーを接続する。

完了!!



戻る


☆ アンケートにご協力ください ☆
出来具合:    一言:    
Profile   I   更新履歴   I   ご意見・ご感想   I   サイトマップ   I   検索   I   当サイトへのリンク
このページは Internet Explorer4.0以上でJavaScriptに対応した環境で見てくださいね。
All rights reserved. Copyright koara.